一度は泊まってみたいと憧れる人も多い高級ホテルですが、マリオットやヒルトンなど外資系のホテルでは、「ベストレート保証」を使うことで数万円安い価格で泊まることができます。

ベストレート保証とは、本来公式サイトから予約するのが最もお得であることを保証する制度ですが、一部のホテルでは公式サイトよりも安い価格の予約サイトを見つけて申請すると、その価格まで下げるだけでなく特典として宿泊費が25%も安くなったり、多くのポイントがもらえます。

なので、これらのホテルのベストレート保証を利用することで破格の安さで憧れの高級ホテルに泊まることができます。

知っていると、通常料金で泊まるのが馬鹿らしくなるほどお得ですので、本ページでベストレート保証を使って高級ホテルに安く泊まる方法を紹介します。


ベストレート保証がお得なホテル

ほとんどのホテルでベストレート保証をしていますが、ベストレート保証でお得なのは外資系の高級ホテルです。

主なホテルチェーンのベストレート保証は以下のようになっています。

■ベストレート保証がお得なホテル

ホテルチェーン 主なブランド 保証内容
マリオット マリオット
リッツカールトン
セントレジス
シェラトン
ウェスティン
宿泊料金を最低価格と同額に引き下げ
プラス25%の宿泊料金割引or5,000ポイント(約6,000円相当)
ヒルトン ヒルトン
コンラッド
宿泊料金を最低価格と同額に引き下げ
プラス25%の宿泊料金割引
IHG インターコンチネンタル
宿泊料金を最低価格と同額に引き下げ
IHGリワーズクラブ ポイントを通常の5倍付与

宿泊料金から25%も安くしてくれるのは、太っ腹というほかありませんね。

逆に日本のホテルではベストレート保証(最低価格保証)は、単に最低価格に揃えるだけというところがほとんどで、手間をかけて最低価格を探すメリットがほとんどありません。

■日本のホテルのベストレート保証

ホテルチェーン 保証内容
日航ホテルズ 一部ホテルを除き未導入
ANAホテルズ IHGグループと同条件
プリンスホテル 宿泊料金を最低価格と同額に引き下げ
サンルートホテル 宿泊料金を最低価格と同額に引き下げ
東横INN 宿泊料金を最低価格と同額に引き下げ
公式サイトからの予約は300円割引
ルートイン 宿泊料金を最低価格と同額に引き下げ

日本のホテルの方が外資系ホテルよりも元値が安いというのもありますが、ベストレート保証については外資系ホテルの強さが際立ちます。

外資系のホテルに泊まる人はベストレート保証を利用しない手はありません。


ベストレート保証を使ってマリオットやヒルトンにお得に泊まる方法

ベストレート保証を受けるには、公式サイトからホテルを予約した後に、各ホテルが設置しているリクエストフォームから、予約情報と公式より安い予約サイトの情報を申請します。

申請が認められると、予約情報が修正されて割引価格でホテルに泊まれたり、ポイントがもらえます。

ベストレート保証の対象になる価格は、最終的な支払い金額となりますので、宿泊の基本料金だけでなく税やサービス料金なども含めた総額を確認する必要があります。

多くの予約サイトでは検索結果などには基本料金だけの表示となっていますので、予約ボタンや詳細ボタンを押して最終的な支払総額を確認する必要があります。

最初は面倒に感じますが、慣れればトリバゴなどを見て最低価格をチェックし公式の料金と比較するだけですので、そんなに時間のかかる作業ではありません。

2,3分の確認作業で高級ホテルに25%引きで泊まれるので、非常にコスパの良いお得ワザだと思います。

もちろんホテルの人もベストレート保証の客だからと言って、対応が悪くなったりサービスの質が落ちるということもありませんので、安心して利用できます。