以前から注目していた浦安魚市場跡地はプラウド浦安に決定したようですね。

公式サイトもオープンしていました。

プラウド浦安公式サイト

以前の記事はこちら↓

公式サイトを見た印象では、やはり浦安駅徒歩3分という立地面を押した作りとなっていました。

浦安駅で駅チカは珍しくそれほどないので、やはり最大の押しポイントとなりますよね。

一方、総戸数98戸で15階建てのマンションとなるようで、期待していたほど大規模なマンションにはなりませんでした。

公式サイトのメニューはまだ公開されていないところもありますが、メニューの中に「商住一体開発」とありますのでマンション1階に何かしらのスーパーが入るのは間違いないでしょう。

駅近、商住一体、プラウドブランド、浦安No1マンションとかなり良い条件が揃いましたね。

浦安駅近辺の土地を見ると、ここより良い立地もなかなか出そうになく、楽しみなマンションです。

問題は価格ですが、コロナの後の販売ではありますが、土地仕入れや材料費などは基本的にコロナ前の相場かと思われますので、強気な価格設定になるかと思います。

コロナ後に不動産価格も風向きが変わりそうということを考えると、あまりに強気な価格設定ではあれですが、コロナが値付けに多少でも影響していることを希望します。

公式サイトによると、販売開始時期は2020年9月からとのことで、続報を待ちたいと思います。