今年最大どころか公開規模は史上最大となるソフトバンクですが、IPO抽選結果が続々と発表されています。

ソフトバンクは公開規模が大きく、親子上場、ソフトバンクの出口案件、割高な株価設定などIPO銘柄としてはかなり微妙でブックに参加されなかった人も多いと思います。

さらに直近の地合の悪さに加え、ソフトバンクの通信障害やファーウェイの問題など、逆風が吹き荒れています。。

そのような状況ですが・・

せっかくのお祭りIPOなので私は多くの証券会社から申込していました。

ソフトバンクのIPO抽選結果

抽選の結果としては以下のようになりました。

野村:補欠当選
大和:補欠当選
SMBC日興:当選
みずほ:補欠当選
三菱MS:当選
SBI:当選(300株)
岡三:補欠当選
東海東京:当選
岩井コスモ:後期
水戸:不参加
西日本シティ:不参加
松井:補欠当選
マネックス:落選
岡三OL:補欠当選

予想通りというか、多くの証券会社で当選をいただき、その他もほとんど補欠当選となりました。

株数がとても多い&尻込みする投資家が多い状況で考えれば、ある意味当然の結果だったと思います。

普段はIPOポイント狙いのSBI証券で300株当選が出たり、岡三オンライン証券で当選となる(補欠ですが)などははじめてなので貴重な経験となりました。

ソフトバンクIPOの購入は全力参加することに

あまりにも多く当選が出たので、今朝は購入を一部にしようかと思いましたが、せっかくのお祭りIPOなので当初の予定通り全力参加することに決めました。

本業でもソフトバンクさんには随分稼がせてもらったので、恩返しの意味も込めて。。

補欠当選となった証券会社については辞退が濃厚ですが、資金が余ったら少しキャンセル待ちしてみようかと思っています。

ソフトバンクの初値予想

初値予想は、公募価格近辺をはさんでプラス・マイナス1万円前後という感じですので、うまくはまれば合計で10万円くらいの利益はあるかもしれません。

ダメ元という感じですので、利益が出たら週末の有馬記念の軍資金としたいと思いますw

12月のIPOは人気銘柄が多く、IPO投資家も増えてきたので当選する気配がなく、2018年のIPOはソフトバンクがラストだと思いますので、なんとか良い結果で終わりたいと思います!