崎陽軒 チャーハン弁当


今日は年末最後の仕事として、大阪への出張があるのですが、新幹線で向かう中で崎陽軒のチャーハン弁当を食べました。

これまでシウマイ弁当は多く食べてきたのですが、チャーハン弁当を食べたのははじめてだったので、崎陽軒のチャーハン弁当を食べた感想とシウマイ弁当との比較をしてみたいと思います。

崎陽軒のシウマイ弁当とチャーハン弁当どちらを食べるべきか悩んでいる人、またシウマイ弁当ばかり食べていてチャーハン弁当を食べたことがない人の参考になれば嬉しいです。

出張のおともはいつもシウマイ弁当

大阪への出張時にはいつも必ず崎陽軒のシウマイ弁当を食べていて、出張の最大の楽しみになっています。

出張のついでにシウマイ弁当を食べているのか、シウマイ弁当を食べるために出張しているのかわからなくなっているくらいです。

どうでも良いですが、崎陽軒のシウマイ弁当は「シュウマイ」弁当ではなく、「シウマイ」と呼ぶようですね。


チャーハン弁当を買おうと思った理由

それはさておき、よく出張をする同業の人と話している時に、崎陽軒の話になったのですが、

その人が言うには

自分はシウマイ弁当ではなく、チャーハン弁当だ!チャーハン弁当が崎陽軒では一番うまい!

ということでしたので、それ以来チャーハン弁当が気になっており、それからはじめての大阪出張となる今回の出張でチャーハン弁当を試してみることに決めていました。


東京駅で崎陽軒のチャーハン弁当を購入

ということで、いつもの東京駅の新幹線南のりかえ口そばにある、崎陽軒でチャーハン弁当を購入しました。

時間11時半とお昼前だったにも関わらず、年末だからかチャーハン弁当は残り1個となっていて、私が買ったと同時に「チャーハン弁当売り切れました!」という店員さんの声が・・

何となく得した気持ちになり、チャーハン弁当への期待もどんどん高まっていきます。ドキドキ。

その後、新幹線に乗り込み、荷物を片付けたらいよいよ実食です。


崎陽軒のチャーハン弁当の見た目と中身(おかず)

崎陽軒 チャーハン弁当


チャーハン弁当のパッケージはこんな感じ。

いつものシウマイ弁当は黄色メインのパッケージなので、赤メインは少し新鮮です。

中華という感じがしますね。

そしてふたを開けると、いよいよチャーハン弁当がお披露目です。


チャーハンをメインにシウマイ、唐揚げなどのおかずが・・・

崎陽軒 チャーハン弁当


チャーハン弁当と言うだけあって、チャーハンが弁当の半分を占めていて、残りの半分にシウマイが3つ、からあげが2つ、パスタきくらげのサラダのようなものがあり、たけのこの煮物紅しょうがが添えてあります。

シウマイ弁当よりもがっつり系のメニューが多い印象です。

シウマイとたけのこの煮物が少なく、その分からあげが多く入っていて、パスタもあります。

シウマイ弁当名物のまぐろの煮付けは入っていないんですね。

と、第一印象はそんな感じです。


崎陽軒のチャーハン弁当を食べた感想

我慢しきれず早速いただきました。

チャーハン弁当なので、チャーハンが気になるところですが、条件反射のようにシウマイに手が伸びてしまい、まずはシウマイを一口。

やっぱりうまいです!

皮と中の具が絶妙のバランスで、説明不要にうまいです。

シウマイと一緒にごはんを食べる要領で、ここでチャーハンも一口。

チャーハンもうまい!

お弁当のチャーハンということで、油少なめの素朴なチャーハン。

味わいはオーソドックスなチャーハンですが、街の中華屋さんで食べるチャーハンの油をぐっと減らしたような感じです。

チャーハン味のおこわとかご飯のような味わいでした。

単品で食べると少し物足りないかもしれませんが、お弁当のご飯もの、主役としてはばっちりの存在感です。

チャーハンとシウマイが口の中で混じり合うと、なんとも言えない幸せな感じになりました。

あぁ、やっぱり崎陽軒の弁当を食べてよかった。

とにかく最高です。

チャーハンとシウマイのマリアージュをたっぷり味わった後はチャーハン単独でぱくり。

素朴だけどおいしい、チャーハンのみで食べるとよりチャーハンの香りが口の中に広がって美味しい。

油が少ないからか、食べ進んでももたれずに本当に良いと思います。

次に唐揚げを一口。2つあるので豪快に1つを食べ切れますね。

唐揚げもやっぱりうまい!

シウマイと並んで、これが崎陽軒の弁当という感じで、崎陽軒の弁当を食べてる感に満たされます。

唐揚げも食べている途中でチャーハンをさらに一口食べて、口の中で合わさる味わいを楽しみます。

ここで初見のきくらげのサラダを一口。

きくらげとカニカマを甘酸っぱい味のサラダ風にしていて、口の中がさっぱりします。

比較的がっつり系の具が多いチャーハン弁当の中では、口直しとして重要な役割を果たす具ですね。

さっぱりした口になったら、これも初見のパスタに手を伸ばします。

パスタは中華風の味わいで一口目からうまいと感じるもの。

しっかりオイルがからんでいるので、チャーハン弁当の中でも意外に最もがっつり系と言えるかもしれません。

口についたオイルをふきつつ、お茶で一度口の中をきれいにしました。

その後はシウマイ、唐揚げをチャーハンと一緒にどんどん食しました。

途中、何度かたけのこの煮物を食べた記憶がありますが、正直、このあたりからあまり記憶がありませんw

とにかく食べてました。

たけのこの煮物は入っているスペースがせまいため、少なく見えました。

シウマイ弁当では主役なんじゃないかと思うくらいたっぷり入っているので、たけのこの煮物好きの自分としてはこれで満足できるか不安でしたが、結果的にはしっかり満足できました。

崎陽軒 チャーハン弁当


そんなこんなであっという間に完食。
(安定の紅しょうが残しですが^^;)

食べ終わった感想としては・・

チャーハン弁当良い!良いよ!!

という感じです。


崎陽軒のチャーハン弁当とシウマイ弁当の比較

シウマイ弁当とはまた趣が違いますが、チャーハンはあっさり系で昔ながらの味わいという感じで良いですし、シウマイもしっかり楽しめます。

唐揚げたけのこの煮物といった、崎陽軒のお弁当ならではの具材もしっかり食べられるので、崎陽軒の弁当を食べたなという満足感もあります。

結構がっつり系なので、食べた後の満腹感や満足感はチャーハン弁当の方があると思います。

シウマイ弁当は、シウマイを中心に唐揚げ、まぐろの煮付け、たけのこの煮物、かまぼこ、あんずとバランスがとれたお弁当で、がっつり系のチャーハン弁当とは好みが分かれるところなのかなと。


崎陽軒のチャーハン弁当がおすすめな人

崎陽軒のシウマイをたっぷり食べたい時にはシウマイ弁当、がっつりチャーハンや唐揚げも食べたい時にはチャーハン弁当がおすすめになると思います。

自分はシウマイ弁当がやっぱり好きなのですが、チャーハン弁当のチャーハンがうまいので、定期的に食べたくなる予感がしていて、今後3回から4回に1回はチャーハン弁当になってしまいそうです。

それにしても、崎陽軒の弁当は何を食べてもおいしいということで、出張のお伴には外せませんね。

新大阪で売っていないのが残念で、1日も早く新大阪で崎陽軒のシウマイ弁当を買えるようにしてほしいです。